前へ
次へ

ペット葬も人と変わらない葬儀

私自身動物が大好きで、子供のころから、犬や猫と暮らしていました。まだ、子供のころには、捨て猫や、捨て

more

早い段階からペット葬について考えておく

私は犬や猫などのペットを飼うのが大好きで子どもの頃から面倒を見ているのですが、大人になってからもペッ

more

たくさんのペット葬儀業者が存在する今では

実際に調べてみればすぐわかりますが、今の時代ではペット葬儀業者が非常に多く見かけられます。ペットブー

more

ペット葬の段取りを整えておく

人は、年の順から旅立ちますから、終活をする高齢者が増えているのも理解できます。それと同時に、ペットを飼育しているならば、命の重さは人と変わらないもののですが、寿命は短いものです。愛犬など、ペットと撮影した遺影を飾る葬式もありますが、愛犬との別れとなるペット葬も考えてみましょう。高齢者とペットとの関係は深く、たくさんの方が寂しさを払拭させるために動物を飼育しているといいます。一般には、金魚やハムスターなどは土葬するようです。しかし、大型犬ともなれば、火葬が一般的です。また、委託できる僧侶による読経も行われています。飼い主をはじめ、参列者による焼香も用意ができます。人の葬式と大差なく、僧侶へお布施を渡すこともあれば、戒名を付けてくれることもあります。成仏できるか否か、それは葬式を執り行えば成仏できるワケではなく、飼い主の気持ち次第でしょう。最期をどう過ごすか、そして未来(供養)をどう描くかによるでしょう。ペット葬は、飼い主の宗派によって執り行うのが理想的です。儀礼や作法、祭壇飾りなども宗派に合わせましょう。また、最近ではフレンド葬というプランも注目されています。ペットと親しかった人やその人のペットと執り行う内容のペット葬です。この場合には、僧侶を呼ばず、お別れ会のような段取りを整えるのが特徴です。火葬炉も小型・標準・大型があり、ペット霊園で引き受けてくれます。費用が心配ならば、共同での火葬も行えるようですが、お骨取りができるかを事前にチェックしましょう。葬儀でなくとも遺影写真も必要になるでしょう。黒い額縁、背景も暗いものがイメージされますが、今は、加工もされています。動物ですから、笑顔がつくれないものの、性格が写真からにじみ出てるような遺影を事前に撮影してみましょう。生前葬があるくらいですし、そうしたペットの写真を撮影してくれる写真館もあるでしょう。しっかり段取りだけは整えておきましょう。

格安 ホームページ制作

綾瀬の歯医者、新井歯科医院|なるべく神経を抜かない歯医者

体臭 チェック

札幌 ピラティス

オンライン韓国語授業短期集中コース|新大久保語学院

Page Top